コーヒーと水

〝コーヒー〟と〝お水〟の関係性って何があるのか知っていますか?

何気なく使っているお水だけど、コーヒーの美味しさを左右するみたいです!

日本には美味しいお水がたくさんありますが、どのお水を使うと美味しいコーヒーになるのでしょうか!?

コーヒーより水?

美味しいコーヒーの条件って考えてみると、
・豆の種類や産地
・焙煎方法や焙煎度合
・挽き具合
・抽出方法
などが挙げられますね。

でも、カップコーヒーの98〜99%は〝水〟なんです!

たった1〜2%がコーヒーの成分だったんです!!

びっくりですよね!

子供の頃のコーヒーの印象は “真っ黒で怪しげな飲み物” でした。

なんだかドロッとしてそうな雰囲気があるんですよね(笑)

なので、液体だけど〝水〟がほとんど、と言う認識がなかったです。

それでは、美味しいコーヒーをいただくために必要な〝水〟について考えていきましょう!

最適な水とは?

お水はコーヒーに限らず、お料理やお茶にも、どこぞの銘水を使うと良い、と言う話はよく耳にしますね。

お米を育てるにも湧き水を使っている水田が良い!など。

日本は水が豊富なので各地の銘水巡りをすることもよくあります。

そして、その土地の成分が関係しているので〝水が合う〟〝水が合わない〟なんてことも起こりますね。

なので、銘水を選ぶには自分の感覚に合うのを探し当てることになってきます。

それならば、どのような〝水〟であれば誰しもが美味しく感じるコーヒーになるのでしょうか!?

〝硬水〟と〝軟水〟の違いから見ていきましょう!

硬水

日本では〝硬水〟は馴染みが薄いお水ですね。

ヨーロッパなど海外には硬水の地域が多く、その地域に暮らしている人たちは、やかんやシャワー、洗濯機に溜まる白いカスに悪戦苦闘しているようです。

これは土地柄として水が石灰質の岩盤を通ることで、マグネシウム塩などが多く含まれて硬水になるようです。

エスプレッソと言えばイタリアをイメージすると思います。

イタリアは石灰質の土地で硬水なのですが、苦みを大事にされるエスプレッソ・コーヒーには相性が良いようです。

その土地のお水に合うコーヒーのブレンドや焙煎、抽出が編み出されて、現在のエスプレッソやアイリッシュカフェ、カフェオレになりました。

お水に含まれるミネラル分や硬度によって、抽出具合や香りの立ち方、味にも影響を与えていきます。

エスプレッソがお好きな方はいろいろな〝硬水〟を試してみると面白いかもしれないですね。

軟水

〝軟水〟と言っても日本では水道水やボトルドウォーター、湧き水などがありますね。

水道水は安全に供給されるようになっているので、そのままお料理やコーヒーなどにも使うことができますが、地域によっては塩素臭がしたり、マンションでは貯水槽に溜めてから供給されたりするので、活性炭でろ過する単純構造な浄水器のお水を使うのがオススメです。

ボトルドウォーターも安心してお使いいただけるお水の一つですが、ボトルの中に留まったお水でもあるので、ピッチャー型の浄水器などに通して、お水を活性させてから使ってみてはいかがでしょうか。

日本は湧き水の有数国で、その土地土地の恵みの産物なのですが、地域によって水質に違いがあるので、相性が良くて好きな湧き水や銘水を探していく必要があります。

キャンプやハイキングなど、アウトドアで行った先に銘水があったらコーヒーの楽しみが増えますね。

コーヒーより水!!

コーヒーを楽しむために、コーヒー豆や機材を選ぶと同じように、使う〝水〟にほんの少し気を配るだけで、驚くほど美味しいコーヒーができるかもしれません。

美味しさの感覚は人それぞれなので〝どこどこの銘水が良い!〟〝◯◯のボトルドウォーター〟と決めることはとても難しいことです。

何よりも〝新鮮な軟水〟がコーヒーのフレーバーをより良く抽出して美味しいコーヒーとなります。

そう、お水も新鮮が良いですね!

でも、新鮮なお水はなかなか手に入りにくいと思います。

〝新鮮な水〟は酸素がたっぷり含まれて流水であることと言われています。

日頃身近に手に入る新鮮な水(流水)は水道水なのですが、残留塩素や重金属などが気になりますよね。

お水を安全に美味しくするポイントとして、活性炭100%のフィルターの浄水器がオススメです。

逆流洗浄機能付き浄水ピッチャータイプ

コーヒーを美味しく淹れるにはお水もポイントですね!

身近なお水でコーヒーを淹れ比べて、ご自分の五感で選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です