コーヒーの効果

コーヒーの効果 - メリットとデメリット -

2022.03.08                                                         

ある日のTaro’s LINEトーク

皆さんは普段飲んでるコーヒーには、実際どんな効果があるのかご存じですか?

例えば、眠気が覚める、お手洗いが近くなるなど経験がある人も多いと思います。

これはコーヒーに含まれる、カフェインや利尿作用の効果からこの様になるのですが、コーヒーには他にも様々な効果があるので今回はそちらを紹介していきます。

これを機に、コーヒーに興味を持っていただけたら嬉しいです。

– memo-

ダイエット効果

 

リラクゼーション効果
 
脳の覚醒作用
 
 

今回まとめたメリットとデメリットに関して、専門家の文献を元にしておりますが、主張が異なることがあるので断言するものではございません。

まとめの中では、コーヒーの作用としてよく挙げられているものの解説をしております。

コーヒーのメリット・デメリットを理解して普段の生活に生かしていきしょう。

▼目次

コーヒーを飲むことで得られるメリット

|脳の覚醒効果

コーヒーを飲むメリットとしてこの覚醒作用が一番有名なものになると思います。朝起きた時に1杯飲む方や仕事・勉強のお供としてコーヒーを飲んでる人も多いかと思われます。

なぜ、コーヒーを飲むと集中できたり、眠気が収まるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれており、このカフェインが脳の中枢神経を刺激することで眠気が抑えられたり、集中力が増します。

カフェインの効果がで始めるまでに約1時間ほど時間がかかるので、集中したいなら1時間前以上にコーヒーを飲むのがおすすめです。

合わせて確認→デメリット 睡眠の質の低下

|ダイエット効果

前回の記事のコーヒーダイエットでも記載した通り、コーヒーにはダイエット効果があります。

ダイエットに関係しているのは主にコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸で、方法や注意点など詳しくは前回の記事で解説しておりますのでこちら(コーヒーダイエット)をご確認ください。

|リラクゼーション効果

コーヒーの香りには様々な効果を生み出します。

その中でも、一番身近に感じることができるのはこのリラクゼーション効果だと思います。感覚的にこの効果を実感している人は多いのではないでしょうか?

コーヒーの香りにはそのブランドによって効果が異なるので、気分や自分の好きな香りのものを探すのも楽しいかもしれません。

有名なもので言うと、ブルーマウンテンはリラックス効果が高く、ブラジルサントスは集中力が高くなったという研究の結果があります。

|お酒を飲む人に効果的

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドという物質をカフェインの効果によって、体の外に排出する。

また、コーヒーには、肝細胞を守り病気の発生を防ぐと言われています。

特にアルコールを大量に摂取する人に多い肝硬変の発症をコーヒーを飲むことによって20%も低下させることが分かっている。

このようにアルコールをよく飲む人にとってはコーヒーは多くのメリットがある。

|その他のメリット

・筋肉の活性化

・血行促進効果

コーヒーを飲むことで起こるデメリット

|睡眠の質の低下

こちらは、メリットの脳の覚醒効果の逆の作用になります。寝る前にコーヒーを飲むことによって、寝つきが悪くなったり、コーヒーの利尿作用によって夜中に目が覚めることもあります。

しかし、こちらのデメリットはコーヒーの飲む時間を調整することで対策が取れます。

一般的にカフェインの覚醒作用が効果を出すのは、1〜6時間と言われています。なので、寝る前の6時間前にはコーヒーを飲まないようにすることでこちらのデメリットの心配はなくなります。

|妊婦に対するリスク

度々登場しているカフェインですが、妊婦の場合胎盤でブロックされることがなく胎児に対して直接に届いてしまいます。そして胎児はカフェインを処理することができず、成長障害になったり、最悪の場合流産になってしまうことがあるので注意が必要です。

妊娠中にはカフェインの入ったものを飲むことは控えましょう。どうしても飲みたい場合は、カフェインレスのものをお勧めします。

カフェインはコーヒーを含めエナジードリンクや緑茶など様々なものに含まれています。摂取する量に注意しましょう。

|利尿作用

こちらは知らずに飲んでいても、体験したことがある人は多いのではないでしょうか。

利尿作用はマイナス面だけではなく、効果としては新陳代謝を高めるのでプラスの効果もあります。

問題とされているのは、この利尿作用によって脱水症状が起こる可能性があります。

水分補給は大事ですがコーヒーが好きだからといってコーヒーを水分として摂取するのは控えましょう。

|その他デメリット

・胃潰瘍や胃炎

・虫歯

・貧血

まとめ

この記事ではコーヒーのメリットとデメリットについて解説してきました。まだまだ全てを解説できた訳ではありませんが、参考になりましたでしょうか?

コーヒーを飲むことによってのメリットがあることを知ってもらえたと思います。またデメリットについてですが、コーヒーを飲む時間を考えたり、過剰に飲まないことで事前に予防できることがわかったかと思います。みなさんも注意してコーヒー生活を楽しみましょう。

TSUBOCOFFEEは、他にもコーヒーに関する記事や美味しいコーヒーの淹れ方の解説、オリジナルブレンドのコーヒー豆の販売やTaro’s Familyの商品の販売もしておりますのでこちらもよろしくお願いいたします。

Master
岡田 晃太郎
▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中
FOLLOW US
友達追加して最新情報をGET✨
ここから商品の購入も❗️

友だち追加

コーヒーの効果
-メリットとデメリット-

2022.03.04

ある日のTaro’s LINEトーク

皆さんは普段飲んでるコーヒーには、実際どんな効果があるのかご存じですか?

例えば、眠気が覚める、お手洗いが近くなるなど経験がある人も多いと思います。

これはコーヒーに含まれる、カフェインや利尿作用の効果からこの様になるのですが、コーヒーには他にも様々な効果があるので今回はそちらを紹介していきます。

これを機に、コーヒーに興味を持っていただけたら嬉しいです。

– memo-

ダイエット効果

リラクゼーション効果

脳の覚醒作用

今回まとめたメリットとデメリットに関して、専門家の文献を元にしておりますが、主張が異なることがあるので断言するものではございません。まとめの中では、コーヒーの作用としてよく挙げられているものの解説をしております。

コーヒーのメリット・デメリットを理解して普段の生活に生かしていきしょう。

▼目次

コーヒーのメリット

|脳の覚醒効果

コーヒーを飲むメリットとしてこの覚醒作用が一番有名なものになると思います。朝起きた時に1杯飲む方や仕事・勉強のお供としてコーヒーを飲んでる人も多いかと思われます。

なぜ、コーヒーを飲むと集中できたり、眠気が収まるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれており、このカフェインが脳の中枢神経を刺激することで眠気が抑えられたり、集中力が増します。

カフェインの効果がで始めるまでに約1時間ほど時間がかかるので、集中したいなら1時間前以上にコーヒーを飲むのがおすすめです。

合わせて確認→デメリット 睡眠の質の低下

|ダイエット効果

前回の記事のコーヒーダイエットでも記載した通り、コーヒーにはダイエット効果があります。

ダイエットに関係しているのは主にコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸で、方法や注意点など詳しくは前回の記事で解説しておりますのでこちら(コーヒーダイエット)をご確認ください。

|リラクゼーション効果

コーヒーの香りには様々な効果を生み出します。

その中でも、一番身近に感じることができるのはこのリラクゼーション効果だと思います。感覚的にこの効果を実感している人は多いのではないでしょうか?

コーヒーの香りにはそのブランドによって効果が異なるので、気分や自分の好きな香りのものを探すのも楽しいかもしれません。

有名なもので言うと、ブルーマウンテンはリラックス効果が高く、ブラジルサントスは集中力が高くなったという研究の結果があります。

|アルコールを飲む人は効果的

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドという物質をカフェインの効果によって、体の外に排出する。また、コーヒーには、肝細胞を守り病気の発生を防ぐと言われています。特にアルコールを大量に摂取する人に多い肝硬変の発症をコーヒーを飲むことによって20%も低下させることがわかった。

このようにアルコールをよく飲む人にとってはコーヒーは多くのメリットがある。

|その他のメリット

・筋肉の活性化

・血行促進効果

コーヒーを飲んで起こるデメリット

|睡眠の質の低下

こちらは、メリットの脳の覚醒効果の逆の作用になります。寝る前にコーヒーを飲むことによって、寝つきが悪くなったり、コーヒーの利尿作用によって夜中に目が覚めることもあります。

しかし、こちらのデメリットはコーヒーの飲む時間を調整することで対策が取れます。

一般的にカフェインの覚醒作用が効果を出すのは、1〜6時間と言われています。なので、寝る前の6時間前にはコーヒーを飲まないようにすることでこちらのデメリットの心配はなくなります。

妊婦に対するリスク

度々登場しているカフェインですが、妊婦の場合胎盤でブロックされることがなく胎児に対して直接に届いてしまいます。そして胎児はカフェインを処理することができず、成長障害になったり、最悪の場合流産になってしまうことがあるので注意が必要です。

妊娠中にはカフェインの入ったものを飲むことは控えましょう。どうしても飲みたい場合は、カフェインレスのものをお勧めします。

カフェインはコーヒーを含めエナジードリンクや緑茶など様々なものに含まれています。摂取する量に注意しましょう。

利尿作用

こちらは知らずに飲んでいても、体験したことがある人は多いのではないでしょうか。

利尿作用はマイナス面だけではなく、効果としては新陳代謝を高めるのでプラスの効果もあります。

問題とされているのは、この利尿作用によって脱水症状が起こる可能性があります。

水分補給は大事ですがコーヒーが好きだからといってコーヒーを水分として摂取するのは控えましょう。

その他のデメリット

・胃潰瘍や胃炎

・虫歯

・貧血

まとめ

この記事ではコーヒーのメリットとデメリットについて解説してきました。まだまだ全てを解説できた訳ではありませんが、参考になりましたでしょうか?

コーヒーを飲むことによってのメリットがあることを知ってもらえたと思います。またデメリットについてですが、コーヒーを飲む時間を考えたり、過剰に飲まないことで事前に予防できることがわかったかと思います。みなさんも注意してコーヒー生活を楽しみましょう。

TSUBOCOFFEEは、他にもコーヒーに関する記事や美味しいコーヒーの淹れ方の解説、オリジナルブレンドのコーヒー豆の販売やTaro’s Familyの商品の販売もしておりますのでこちらもよろしくお願いいたします。

▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中
FOLLOW US
友達追加して最新情報をGET✨
ここから商品の購入も❗️

友だち追加

1件の返信

  1. […] ▶︎コーヒーの効果 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。