ダイエットコーヒー

コーヒーを飲んで痩せる
- ダイエットコーヒーの効果と注意点 -

2022.03.04                                                         

ある日のTaro’s LINEトーク
私たちの生活に馴染み深いコーヒーですが、ダイエット効果があると聞いたことがあるひとも多いだろう。
しかし、注意しないとコーヒーが原因でダイエットとは逆に肥満の原因になることも…
これを機にダイエットコーヒーの見直しや、コーヒーが苦手な方も少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。
今回は注意点と効果について詳しく解説していきます。

– memo-

砂糖を入れないホットのブラックコーヒー
食後や運動の前に飲む
1日多くても4杯まで
ドリップタイプがおすすめ
 
 
まず最初に飲むだけで痩せる魔法のような飲み物は残念ながらありません。
しかし、ダイエットを助けてくれる飲みものはあります。
▼目次

コーヒーの効果

なぜコーヒーが痩せる手助けになるのか?
その理由としてはコーヒーに含まれている
「カフェイン」「クロロゲン酸」にあると言われています。
では実際にどんな働きをしているのでしょうか?

|カフェイン

カフェインがコーヒーに含まれているのはみなさんご存じかと思います。
このカフェインにはこのような効果があります。
・脂肪を分解・燃焼する働き
・基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼作用が期待できる。
・適切に摂取すれば、健康維持に役立つという研究も
※あくまで効果であり、飲むだけで体重が減るとは断言するものではございません。
カフェインの過剰摂取は、不眠や心拍数の増加などマイナスの影響が出ることがあります。
このマイナス面をなくすために、摂取するタイミングや適量をこちらで解説しています。

|クロロゲン酸

コーヒーには、ポリフェノールが豊富に含まれています。
クロロゲン酸には、以下のような効果があります。
・脂肪を分解・燃焼する働き
・老化や免疫機能の低下を引き起こすとされる活性酸素の発生やそのはたらきの抑制
・活性酸素そのものを取り除く
・継続して飲むと、腹部脂肪の低下や脂肪の消費量がアップする研究も

ダイエット効果を高めるには?

コーヒーが入っていたらなんでも良い訳ではありません。
まず、コーヒーダイエットとして実行するならブラックが一番良い。
カフェオレや甘めのコーヒーが好きな方もいるが、市販の甘い缶コーヒーは実はシュガースティック6本分もの砂糖が入っている。
普通に考えてもわかることだが、これを飲み続けるとダイエットどころか、肥満の原因に成りかねない。
しかし、ブラックコーヒーは苦くて苦手という人もいるだろう。そこでオススメなのが無脂肪牛乳を
入れたり、ココナッツオイルを入れることで飲みやすくする方法があります。

|コーヒーを飲むタイミング

ダイエット効果を最大限発揮するには、運動前30分前に飲むのがいいとされています。
コーヒーには脂肪燃焼効果があり、この効果を生かすなら運動の方法としては、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動がいいでしょう。
他にも、暖かい飲みものには食欲を抑える効果があり食前食後のコーヒーには、ホットのコーヒーがオススメです。

|+α

インスタントのコーヒーも手軽で美味しいですが、ダイエット効果をさらに高めたいなら、自分で焙煎をしたりドリップをすることでカフェインを市販のものに比べて多く取ることができます。
また、ドリップをして入れたコーヒーは香りが立ち、食欲抑制効果も期待できます。

ダイエットコーヒーの注意点

多くのメリットを挙げてきましたが、しっかりと理解していないとデメリットになることもあります。
まず、カフェインの摂取量ですが規定はありませんが、カナダ保健省では「400mg」までが健康な成人の1日のカフェイン最大摂取量としています。
実際にどれぐらいかというと、コーヒー1杯につきカフェインがやく80〜100mgと言われていますので、3〜4杯までにしましょう。
何事も飲み過ぎはダメみたいですね。
 
カフェインには覚醒効果もあり寝る前に飲むと睡眠の質が下がることも。
そして、睡眠の質が下がると結果的に肥満の原因に…
他にも、妊娠中や授乳中はカフェインはNGです。カフェインレスのコーヒーにしましょう。

まとめ

ダイエットコーヒーには気をつけないと、逆効果になってしまうこともあるのがこれまでで分かったと思います。
こちらにより一層ダイエットコーヒーの効果が高まる方法をまとめますのでご確認ください。
・ホットコーヒー80℃前後
・ブラック(無脂肪牛乳/ハチミツなど)
・飲む時間(食前/食後/運動30分前)
・1日に3〜4杯程度
・寝る前は飲まない
・インスタントよりドリップタイプ
 
注意点
妊娠中や授乳中はカフェインレスを。
コーヒーはダイエットの効果の手助けとして考えましょう。
他にもコーヒーに関する記事をアップしておりますのでぜひ一度ご覧ください。
Master
岡田 晃太郎
▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中

コーヒーを飲んで痩せる
ダイエットコーヒーの効果と注意点

2022.03.04

ある日のTaro’s LINEトーク
私たちの生活に馴染み深いコーヒーですが、ダイエット効果があると聞いたことがあるひとも多いだろう。
しかし、注意しないとコーヒーが原因でダイエットとは逆に肥満の原因になることも…
これを機にダイエットコーヒーの見直しや、コーヒーが苦手な方も少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。
今回は注意点と効果について詳しく解説していきます。

– memo-

砂糖を入れないホットのブラックコーヒー
食後や運動の前に飲む
1日多くても4杯まで
ドリップタイプがおすすめ

まず最初に飲むだけで痩せる魔法のような飲み物は残念ながらありません。
しかし、ダイエットを助けてくれる飲みものはあります。
▼目次

コーヒーの効果

なぜコーヒーが痩せる手助けになるのか?
その理由としてはコーヒーに含まれている
「カフェイン」「クロロゲン酸」にあると言われています。
では実際にどんな働きをしているのでしょうか?

|カフェイン

カフェインがコーヒーに含まれているのはみなさんご存じかと思います。
このカフェインにはこのような効果があります。
・脂肪を分解・燃焼する働き
・基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼作用が期待できる。
・適切に摂取すれば、健康維持に役立つという研究も
※あくまで効果であり、飲むだけで体重が減るとは断言するものではございません。
カフェインの過剰摂取は、不眠や心拍数の増加などマイナスの影響が出ることがあります。
このマイナス面をなくすために、摂取するタイミングや適量をこちらで解説しています。

|クロロゲン酸

コーヒーには、ポリフェノールが豊富に含まれています。
クロロゲン酸には、以下のような効果があります。
・脂肪を分解・燃焼する働き
・老化や免疫機能の低下を引き起こすとされる活性酸素の発生やそのはたらきの抑制
・活性酸素そのものを取り除く
・継続して飲むと、腹部脂肪の低下や脂肪の消費量がアップする研究も

ダイエット効果を高めるには?

コーヒーが入っていたらなんでも良い訳ではありません。
まず、コーヒーダイエットとして実行するならブラックが一番良い。
カフェオレや甘めのコーヒーが好きな方もいるが、市販の甘い缶コーヒーは実はシュガースティック6本分もの砂糖が入っている。
普通に考えてもわかることだが、これを飲み続けるとダイエットどころか、肥満の原因に成りかねない。
しかし、ブラックコーヒーは苦くて苦手という人もいるだろう。そこでオススメなのが無脂肪牛乳を
入れたり、ココナッツオイルを入れることで飲みやすくする方法があります。

|コーヒーを飲むタイミング

ダイエット効果を最大限発揮するには、運動前30分前に飲むのがいいとされています。
コーヒーには脂肪燃焼効果があり、この効果を生かすなら運動の方法としては、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動がいいでしょう。
他にも、暖かい飲みものには食欲を抑える効果があり食前食後のコーヒーには、ホットのコーヒーがオススメです。

|+α

インスタントのコーヒーも手軽で美味しいですが、ダイエット効果をさらに高めたいなら、自分で焙煎をしたりドリップをすることでカフェインを市販のものに比べて多く取ることができます。
また、ドリップをして入れたコーヒーは香りが立ち、食欲抑制効果も期待できます。

ダイエットコーヒーの注意点

多くのメリットを挙げてきましたが、しっかりと理解していないとデメリットになることもあります。
まず、カフェインの摂取量ですが規定はありませんが、カナダ保健省では「400mg」までが健康な成人の1日のカフェイン最大摂取量としています。
実際にどれぐらいかというと、コーヒー1杯につきカフェインがやく80〜100mgと言われていますので、3〜4杯までにしましょう。
何事も飲み過ぎはダメみたいですね。
 
カフェインには覚醒効果もあり寝る前に飲むと睡眠の質が下がることも。
そして、睡眠の質が下がると結果的に肥満の原因に…
他にも、妊娠中や授乳中はカフェインはNGです。カフェインレスのコーヒーにしましょう。

まとめ

ダイエットコーヒーには気をつけないと、逆効果になってしまうこともあるのがこれまでで分かったと思います。
こちらにより一層ダイエットコーヒーの効果が高まる方法をまとめますのでご確認ください。
・ホットコーヒー80℃前後
・ブラック(無脂肪牛乳/ハチミツなど)
・飲む時間(食前/食後/運動30分前)
・1日に3〜4杯程度
・寝る前は飲まない
・インスタントよりドリップタイプ
 
注意点
妊娠中や授乳中はカフェインレスを。
コーヒーはダイエットの効果の手助けとして考えましょう。
他にもコーヒーに関する記事をアップしておりますのでぜひ一度ご覧ください。
▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中

3件の返信

  1. […] ダイエットに関係しているのは主にコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸で、方法や注意点など詳しくは前回の記事で解説しておりますのでこちら(コーヒーダイエット)をご確認ください。 […]

  2. […] ▶︎ダイエットコーヒー […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。