ブラジル産珈琲豆

世界の珈琲展
🇧🇷 ブラジル編 🇧🇷

2022.04.26                                                         

みなさんはコーヒーの産地を知っていますか?
ブラジル
エチオピア
コロンビア
グァテマラ
インドネシア

などなど、さまざまな国でコーヒー豆の栽培がされています。普段何気なく飲んでいるコーヒーの産地をご存じでしたか?

今回はそんなコーヒーの産地のブラジルに焦点を当てて解説していきたいと思います。よくコーヒーを飲む方なら必ず飲んだことがあるであろうブラジル産コーヒー。

なぜそんなに広く愛されているのか?

– memo-

世界の生産量の3分の1

ブレンドのベースとして使用

グレードNo.2が最高級

ブラジルが基準にされることが多い

 
▼目次

世界基準❗️❓

世界中で愛されているブラジル産のコーヒー。

ブラジル産のコーヒー豆はバランスが良く「スタンダード」と呼ばれるほど浸透しています。なんと言ってもその生産量がとても多いです。年間で約200万〜300万tと言われています。

しかし、この数字を聞いてもピンときませんよね。笑

その量はなんと、世界中の約3分の1を占めているんです。もちろんブラジル産のコーヒーは日本でも広く愛されています。

|味わい・特徴

ブラジル産のコーヒーは適度な酸味と苦味があり、癖が少なく飲みやすいのが特徴です。

先ほども述べた通り、全体的なバランスがよく、コクがありながらもすっきりとした味わいがブラジル産の特徴です。そのため、色々な飲み方を楽しむことができます。

焙煎度合いを色々調節して飲んで、好みのものを探すのもいいかもしれません。

|お勧めの焙煎

コーヒーの焙煎度合いには、火にかける時間によって8つの段階に分けられます。

浅煎りや深煎りを正確に分類した時の名称になります。

一般的に焙煎時間が長くなればなるほど、コクや苦味が増していきます。また焙煎豆の色も比例して濃くなってきます。

改めて詳しく解説した記事を書きますので、今回はブラジルのオススメの焙煎度合いを紹介いたします。

ブラジル産コーヒーのおすすめは「ミディアム」〜「フレンチ」になります。こちらはあくまでおすすめですので、色々試してみてお好みの焙煎を見つけるのもいいかもしれません。

ブラジル産コーヒー

|グレード

ブラジル産のコーヒーにはグレードが存在します。グレードは数字が低いほど高級なものになり「No.2」が最高級の豆になるようです。また、このグレードの決め方は、300gの中に含まれる欠点豆の数と、カッピングの味でグレードが決まります。

「No.1」が無い理由としては、欠点豆が一切ないものは存在しないからだそうです。しかし、もし「No.1」が存在するのなら是非一度飲んでみたいですね。

|品種

ブラジル産のコーヒー豆の品種はほとんどがアラビカ種です。このアラビカ種は最高級品質として知られているのですが、天候などが原因ですぐに枯れてしまうほど繊細な品種です。

ブラジルでは、この栽培の難しいアラビカ種の栽培を長年行ったノウハウを生かし、世界中にアラビカ品種の豆を輸出しています。

|製法

コーヒーチェリーつまりコーヒー豆の周りについている実はご存じでしょうか?

コーヒーの元といったら茶色の焙煎豆を想像する方が多いと思いますが元々は、コーヒーチェリーと呼ばれるような実をつけています。

この実の部分を、収穫後に普通は水洗いや乾燥をさせて実を取り除くのですが、ブラジルでは天日干しを行うことで取り除いています。

この方法は「ナチュラル」と呼ばれていて、加工中に問題があればそのまま豆の品質の低下に繋がりますが、香りが深まる方法とも言われています。

ブラジルでは約90%の豆がこのナチュラルの製法で作られています。

|現地での楽しみ方

ブラジルでは、ホットのコーヒーが主流で、暑い日でもホットコーヒーを飲んでいるようです。その理由としては、コーヒー豆そのままの味を感じることができると言われているからです。

そして、カプチーノやエスプレッソで飲まれることが多く、小さめのカップに砂糖をたくさん入れ甘いコーヒーを楽しむのがブラジル流のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコーヒー豆の産地ブラジルについて解説していきました。

ブルーマウンテンと呼ばれているもの実はブラジル産のものなんですよ❗️

ブラジル産コーヒーは世界中に愛されていて全てのコーヒーの基準と言われるほどです、まずはこのコーヒーから入った人も多いのではないでしょうか。

他にも美味しいコーヒーの淹れ方やコーヒーの効果についての解説などコーヒーに関する記事をあげております。また、オリジナルブレンドのコーヒー豆の販売やTaro’s Familyの商品の販売もしておりますので是非こちらもよろしくお願いいたします。

TSUBOCOFFEEオリジナルキャラクターのTaro’s Familyの紹介しておりますのでご覧ください。

Master
岡田 晃太郎
▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中
FOLLOW US
友達追加して最新情報をGET✨
ここから商品の購入も❗️

友だち追加

世界のコーヒー豆
🇧🇷 ブラジル編 🇧🇷

2022.04.26

みなさんはコーヒーの産地を知っていますか?

ブラジル
エチオピア
コロンビア
グァテマラ
インドネシア

などなど、さまざまな国でコーヒー豆の栽培がされています。普段何気なく飲んでいるコーヒーの産地をご存じでしたか?

今回はそんなコーヒーの産地のブラジルに焦点を当てて解説していきたいと思います。よくコーヒーを飲む方なら必ず飲んだことがあるであろうブラジル産コーヒー。

なぜそんなに広く愛されているのか?

– memo-

世界の生産量の3分の1

ブレンドのベースとして使用

グレードNo.2が最高級

ブラジルが基準にされることが多い

▼目次

世界基準!?

世界中で愛されているブラジル産のコーヒー。

ブラジル産のコーヒー豆はバランスが良く「スタンダード」と呼ばれるほど浸透しています。なんと言ってもその生産量がとても多いです。年間で約200万〜300万tと言われています。

しかし、この数字を聞いてもピンときませんよね。笑

その量はなんと、世界中の約3分の1を占めているんです。もちろんブラジル産のコーヒーは日本でも広く愛されています。

|味わい・特徴

ブラジル産のコーヒーは適度な酸味と苦味があり、癖が少なく飲みやすいのが特徴です。

先ほども述べた通り、全体的なバランスがよく、コクがありながらもすっきりとした味わいがブラジル産の特徴です。そのため、色々な飲み方を楽しむことができます。

焙煎度合いを色々調節して飲んで、好みのものを探すのもいいかもしれません。

|味わい・特徴

ブラジル産のコーヒーは適度な酸味と苦味があり、癖が少なく飲みやすいのが特徴です。

先ほども述べた通り、全体的なバランスがよく、コクがありながらもすっきりとした味わいがブラジル産の特徴です。そのため、色々な飲み方を楽しむことができます。

焙煎度合いを色々調節して飲んで、好みのものを探すのもいいかもしれません。

|お勧め焙煎

コーヒーの焙煎度合いには、火にかける時間によって8つの段階に分けられます。

浅煎りや深煎りを正確に分類した時の名称になります。

一般的に焙煎時間が長くなればなるほど、コクや苦味が増していきます。また焙煎豆の色も比例して濃くなってきます。

改めて詳しく解説した記事を書きますので、今回はブラジルのオススメの焙煎度合いを紹介いたします。

ブラジル産コーヒーのおすすめは「ミディアム」〜「フレンチ」になります。こちらはあくまでおすすめですので、色々試してみてお好みの焙煎を見つけるのもいいかもしれません。

ブラジル産コーヒー

|グレード

ブラジル産のコーヒーにはグレードが存在します。グレードは数字が低いほど高級なものになり「No.2」が最高級の豆になるようです。また、このグレードの決め方は、300gの中に含まれる欠点豆の数と、カッピングの味でグレードが決まります。

「No.1」が無い理由としては、欠点豆が一切ないものは存在しないからだそうです。しかし、もし「No.1」が存在するのなら是非一度飲んでみたいですね。

|品種

ブラジル産のコーヒー豆の品種はほとんどがアラビカ種です。このアラビカ種は最高級品質として知られているのですが、天候などが原因ですぐに枯れてしまうほど繊細な品種です。

ブラジルでは、この栽培の難しいアラビカ種の栽培を長年行ったノウハウを生かし、世界中にアラビカ品種の豆を輸出しています。

|製法

コーヒーチェリーつまりコーヒー豆の周りについている実はご存じでしょうか?

コーヒーの元といったら茶色の焙煎豆を想像する方が多いと思いますが元々は、コーヒーチェリーと呼ばれるような実をつけています。

この実の部分を、収穫後に普通は水洗いや乾燥をさせて実を取り除くのですが、ブラジルでは天日干しを行うことで取り除いています。

この方法は「ナチュラル」と呼ばれていて、加工中に問題があればそのまま豆の品質の低下に繋がりますが、香りが深まる方法とも言われています。

ブラジルでは約90%の豆がこのナチュラルの製法で作られています。

|現地での楽しみ方

ブラジルでは、ホットのコーヒーが主流で、暑い日でもホットコーヒーを飲んでいるようです。その理由としては、コーヒー豆そのままの味を感じることができると言われているからです。

そして、カプチーノやエスプレッソで飲まれることが多く、小さめのカップに砂糖をたくさん入れ甘いコーヒーを楽しむのがブラジル流のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコーヒー豆の産地ブラジルについて解説していきました。

ブルーマウンテンと呼ばれているもの実はブラジル産のものなんですよ❗️

ブラジル産コーヒーは世界中に愛されていて全てのコーヒーの基準と言われるほどです、まずはこのコーヒーから入った人も多いのではないでしょうか。

他にも美味しいコーヒーの淹れ方やコーヒーの効果についての解説などコーヒーに関する記事をあげております。また、オリジナルブレンドのコーヒー豆の販売やTaro’s Familyの商品の販売もしておりますので是非こちらもよろしくお願いいたします。

TSUBOCOFFEEオリジナルキャラクターのTaro’s Familyの簡単な紹介はサイドバーでご覧ください。

▽ Instagram ▽
Taro’s T-shirt
他デザインやトートバッグスマホカバーなども販売中
FOLLOW US
友達追加して最新情報をGET✨
ここから商品の購入も❗️

友だち追加

1件の返信

  1. […] これまでも「遠赤外線による焙煎効果について」や「ブラジル産コーヒー」などについて書いておりますので、是非遊びに来てください! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。